家族葬などをとり行う際の葬式業者の選び方

地域の特徴を生かす葬儀

お葬式

近畿圏ならではの特徴

葬式のしきたりは地域で異なりますが、柏原のある近畿圏では、本人や家族の意思を尊重したスタイルで葬式が行われる特徴があります。また、香典袋に黄白の水引を使用するのも、このエリアの特徴に挙げられるでしょう。大阪府では、葬儀にかかる費用相場が115万円程度、飲食費として必要な費用相場は25万円程度です。会葬者の平均は58人くらい、参列者からの香典合計悪は45万円という調査結果が出ています。このような相場が出ているので、柏原で葬式をするときにも目安となる参考値として見ることができます。また、大阪では友引の日に葬式を行うときは棺の中に人形を入れる習慣があります。友引の葬式は、友達を連れて行ってしまうと考えられていることから縁起が悪いとも言われますが、人形を友達に見立てて不幸が続かないようにする風習ができました。この風習は柏原でも同じように行われています。葬式などで提供する飲食でもしきたりがあり、精進料理で鋼や豆腐などを出すときは参画に切ることになっています。柏原もこの風趣を用いているので、把握しておきましょう。逆さ屏風や茶碗にてんこ盛りにご飯を盛って箸を立てるのも、この周辺エリアの特徴的な風習です。葬式に対して独特のしきたりが引き継がれているので、葬儀を行う場合も参列する場合も、理解しておくとマナー違反にならないでしょう。斎場の数も多く、仮想上は近隣も含め5カ所以上利用できる場所があります。